無料
エロ
動画
緊縛調教に惚れ込んだS男のブログ。緊縛の他、アナル・浣腸・野外などSMプレイなら何でもこなします。 このブログでSM・緊縛、緊縛奴隷の見つけ方について書いていきます。
SM BOOK


緊縛+アナル調教の魅力
2009年12月26日(土) 21:25
尻に食い込む縄に興奮するのは私だけだろうか?

その縄をズラしてアナル用バイブを突っ込んでやり
さらに縄を食い込ませてやるとM女は白目をむいて喜ぶのだ。

アナルバイブは抜けやすいが、縄を使えば容易に固定できる。
一度試してみてはどうだろうか。

このサイトはアナル好きが集まるので、今日もアナル奴隷を捕まえてこようと思う。


人妻との不倫セックス
2009年12月23日(水) 20:41
今回はいつも利用しているSM系の出会いサイトで人妻をゲットした。

32才の人妻ミキ。身長は低くて巨乳、ぽっちゃり体型。
ミキの不倫の理由は夫の浮気のあてつけだった。

気持ちに勢いがあるせいか、かなり積極的で速攻ホテルへチェックイン。
ミキはすぐにシャワーを浴びてくると私の前でオナニーを始めた。
そして長年調教された奴隷のように大声で

「早く、早く私のオマンコにあなたのペニスをぶち込んで!!」

と叫んだのだ。
私は興奮し生でペニスをぶち込んだ。
ミキは狂ったように腰を振り、私に中出しさせた。
私は逝ってしまったので止めてくれと頼んだが、ミキは腰を振ることを辞めない。
私はミキのマンコの中で3回も逝かされてしまったのだ。


セックスが終わり、落ち着くとミキは
「一度でいいから何も考えずにセックスがしたかったの、
ヤバいくらい気持ちよかったよ」

そして

「今度は変わったセックスがしたいな」

と言った。
今回はミキの迫力に押されてしまったが
次回は私が主導権を握り緊縛調教の味を教えてやろうと思う。



人妻緊縛調教をお勧めする理由
2009年12月19日(土) 13:34
セックス好きの人妻は多い。旦那に開発されたのに、忙しくて構ってもらえずに欲求不満になっているので出会うまでの確立が高い。
また、旦那とのセックスがマンネリ化してしまって、刺激を求めてSMに興味を持つ人妻も多い。
従って、メール⇒出会い・プレイまでの時間がかなり短いのだ!タイミングさえ合えば初メールの数時間後にプレイなどということもザラである。

熟れた体を味わいたい!すぐにプレイしたい!昼間に時間が空く日がある!
そんな時は人妻専門のSM出会いサイトをお勧めする。


緊縛調教について---怪我---
2009年12月13日(日) 23:28
・怪我

これは仕方のないことだが、緊縛調教初心者の緊縛プレイでは擦り傷や軽い皮下出血を起こすことが多いようだ。また、緊縛の加減を間違えて酷い痣が出来てしまう場合もある。奴隷の主人である縄師は、緊縛はふざけて行わず、奴隷の状態を良く観察しながら行うことが重要である。小さな擦り傷などはつき物だが、奴隷の体を傷つけるのが目的ではないので、なるべく怪我のないプレイを心がけて欲しいと思う。



緊縛調教について---奴隷---
2009年12月13日(日) 16:10
・奴隷

SMにおける奴隷とは、マゾヒストのことを指し、
(基本的には合意の下)肉体的、精神的苦痛を与えられ、
御主人様(支配者)に束縛されることによって、
性的興奮を得る人のことである。

奴隷とひとことで言ってもタイプは様々で、
緊縛、アナル調教、露出、スカトロ…etc
数え切れないほど多種多様な奴隷が存在する。
基本は奴隷の合意であるので
調教は奴隷も楽しんでいるようだ。
奴隷契約書を交わすことによって、より本格的となる。

---toraのつぶやき---
奴隷という呼び方は正しいのだろうか?
広義に奴隷(どれい)とは、ヒトでありながら所有の客体となる者、またはその階層や階級をいうようである。ある意味正しいのかもしれない、しかし、私の考えるSMの奴隷は捕虜としての奴隷とは意味合いが変わってくる。SMにおける奴隷とは痛みを感じる調教であっても自分から望んで受けるものであり、主のわがままにより痛めつけられるものではない。自由である自分自身に自ら枷を与え、信頼する愛すべきご主人様に従うことに美しさを見出す。広義にあるヒト所有の客体というよりも、自ら愛する人の所有物になろうとしているのである。広義の奴隷には主を選ぶ権利はないが、SM奴隷には主を選ぶ権利があるのだ。むしろ、選んで貰っていると言っても過言ではない。
それゆえにSMパートナーとの関係はある種の恋愛にも通じるものがあり、お互いに気に入らなかったり、性癖が違っていたり、そんなことで別れてしまうこともある。逆に、ご主人様がどんなに酷い扱いをしようとも、奴隷が主を愛している限りは、奴隷なのである。



緊縛調教について---緊縛---
2009年12月12日(土) 15:59
・緊縛

麻縄やロープを使って身体を縛り、五体の自由を奪うこと。
SMプレイでは最もポピュラーなプレイだと言える。
日本では海外に比べ緊縛が発達していて、
縄師と呼ばれるプロの緊縛師が縛り上げる見た目の美しさは
緊縛美や、形式美と呼ばれ、SMマニアの憧れとなっている

大抵は身体を緊縛し身動きをとれなくした後、
アナル調教や蝋燭プレイ、スパンキングなどに移行する。
緊縛され拘束されることで、どんなに激しいプレイからも
M女は逃げ出すことができない。

江戸時代、日本では金属資源が乏しかったこともあり、
罪人の拘束に縄を用いるのが一般的だった。
そのため罪人が暴れないような捕縛術が発達した。。
身体の自由を奪い逃げられない状態にする技術は、必要とされた技術であった。

初心者が奴隷を緊縛調教するときに
一番気をつけないといけないことは
緊縛の強さだろう。強く縛りすぎると血液の流れを圧迫し、
四肢の一部が壊死したり、死んでしまうことがあるからだ。
かといって弱すぎては緊縛する意味が無い。
美しい、きちんとした縛り方を習得するには、やはり訓練が必要なのだ。


---toraのつぶやき---

嫌がる奴隷を無理矢理緊縛し、絶望と恐怖の中で調教を行うことに快楽を見出している人間は数多くいると思われる。しかし、それは一方的な調教であり、緊縛調教とは呼べないのかも知れない。
緊縛調教には、罪人の捕縛という闇の歴史もあるが、SMプレイとしての緊縛調教には日本古来の奥ゆかしさ、形式美というものが最も求められている。
奴隷は自分の行動を束縛され、自由を奪われることに自分なりの喜びを見出す。自ら望んで緊縛されることにより、緊縛の主役は奴隷となるのだ。主人は一見奴隷を拘束し、緊縛し、支配しているようで、実際は奴隷がもっと美しくなるためのサポートをしているに過ぎないのである。
主人は奴隷の四肢の自由を奪いながらも、奴隷が美しくなるために尽くすという矛盾が、日本古来の奥ゆかしさであり、緊縛の美なのではないだろうか?


緊縛調教について---剃毛---
2009年12月12日(土) 15:35
・剃毛

剃毛は奴隷の陰毛を剃ることで、精神的な被虐感を与えるプレイである。
敏感なところなので、傷付けないように細心の注意を払って行う。
秘部は形が凸凹して複雑なため、電動シェーバーなどではなく市販の剃刀行う方が興奮する。
剃毛するときはスムーズに行うため、石鹸やシェービングクリームを使用する。毛が長い場合にはまずハサミを使って短くしてから剃毛を行う。剃毛の後、小さな毛が生えだすとチクチクして嫌な感じがするが、人前で陰部をイジらないように良く奴隷に言い聞かせておくことが重要だ。



緊縛調教について---蝋燭---
2009年12月12日(土) 14:32
・蝋燭(ろうそく)

蝋燭の明かりに照らされた緊縛奴隷の怯える顔・・・緊縛調教に蝋燭はつき物だと言える。
蝋燭プレイは上から垂らすことで瞬間的に熱い刺激を皮膚に与えるプレイで、上手に行うことで快感が沸き起こる。一般に売られている蝋燭は燃焼を長持ちさせるために、融点が高く設定してあり、火傷の恐れがあるため蝋燭プレイには向いていない。
また、金粉や銀粉入りの蝋燭は絶対に使用してはならない。鉄が入っていて冷めにくいので、大火傷をすることになる。
アダルトショップなどで売られているSM用の低温蝋燭や、日本古来の蝋燭などは融点が低く、ある程度の高さから垂らせば十分に温度が下がりるので、安全に楽しむことができる。しかし、万一のことを考えて、初めは出来るだけ上の方から垂らし、奴隷に熱くないか確認した後で、少しずつ垂らす高さを低くしてい、臨界点を探すのが有効だ。



緊縛調教について---縄---
2009年12月11日(金) 23:25
緊縛調教・・・奴隷の身体を緊縛し、身動きを封じる調教方法。
使用する道具も縄1本から始められるという、大変手軽かつ本格的なSMプレイだが、実は奥が深いプレイでもある。
SMプレイにおける緊縛調教について説明していこうと思う。

--------------------------------------------------------------------
・縄

緊縛調教プレイに使う。ソフトな素材の安価な物から、麻を使用した本格的なものまで様々な種類がある。プレイ内容や自分のレベルに合わせて使い分ける。

一般的には入手し易く、安価な綿ロープを用いる方が多いようだ。
しかし、SMのプロは麻縄を好んで使用する。
それは、麻縄の方が緩みがなく、緊縛感が強く、また、綿縄のように結び目がキツくなって解けなくなることが少ないからだ。
伸縮性のあるロープは一見ソフトで肌にやさしく感じるかもしれないが、キツく縛ったときにロープと肌の擦摩により肌を傷つけてしまうし、緊縛感を出すためには伸縮性のあるロープほど強く縛る必要があるので、肌に食い込み血行を圧迫してしまう恐れがある。そのため、緊縛には伸縮性の少ない麻縄が適している。

麻縄は購入したままの状態では毛羽立ちがあり、緊縛したときに肌に刺激や痒みといった不快感を与えてしまう。また、複雑な緊縛に対応するほどのしなりを備えていない。
そこで、熱湯と油で処理をし、しなやかで美しい麻ロープを作り出すことが
必要である。熱湯で煮た後、乾く前に油を塗り乾燥させる。すると、水分が油と置き換わりしなやかな麻縄が出来上がる。
麻縄は縄師の大切な道具だ。プロの縄師は基本的に麻縄を手作りする。自分で赤く染めることも多いようだ。
そのため、麻縄は使い捨てではなく、何度も繰り返し使用する。使い込むほどにその縄師の味が出ていい感じになっていく。
プレイ後の手入れは、手洗いまたは洗濯ネットに入れて洗濯機で水流弱で洗う。洗剤の使用は少量で、塩を入れると良いとのことだ。乾かすと毛羽立っててしまうので、その場合は油を塗っておく。

自分で手をかけて奴隷の血と汗と体液で作り上げていく縄ほど、良い味を出す。
ぜひ挑戦してもらいたい。


---toraのつぶやき---

私がまだ青かったころ、
縄プレイで奴隷を気絶させたことがある。
縛り方を失敗していたらいく、
血の循環が悪くなり、気絶してしまったのだ。
さすがにあの時は焦った(笑


緊縛奴隷サトミ との出会い
2009年12月06日(日) 20:16
私が緊縛に目覚めてから、最初に出会った緊縛奴隷は
出会い系で知り合ったサトミだった。
サトミは過去に沢山の御主人様に縛られてきたらしく
緊縛奴隷としてはベテランだった。

私はそれを見越して、サトミと出会うことにした。
M女に頭を下げて、緊縛の教えを請うたのだ。

私にとってそれは全く恥ずべきことではなかった、
なぜなら私には目指すものがあったからだ。

しかしサトミは奴隷として主人である私に緊縛を教えてくれた。
自分の縛られた写真や、映像を見せてくれたりもした。
数回会うと、緊縛の入り口が見えてきた。

緊縛に自信が持てたある日から
私はSM出会いサイト巡りをするようになり、
多くのM女達と出会うことになる。

緊縛は実践で成長する。
SM出会いサイトで沢山のM女と会うことをお勧めする。





 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close