無料
エロ
動画
緊縛調教に惚れ込んだS男のブログ。緊縛の他、アナル・浣腸・野外などSMプレイなら何でもこなします。 このブログでSM・緊縛、緊縛奴隷の見つけ方について書いていきます。
SM BOOK


連日連夜M女緊縛調教
2010年03月27日(土) 19:14
先日「奴隷の穴」で変態M女と出会ったばかりだが、また新しい出会いがあった。

調子が良いときは不思議なもので、とんとん拍子に話が進み、会うまでのスパンが短い。
その結果が連日連夜M女緊縛調教につながっている。
今は春休みということもあって、興味津々で登録している女子大生が多いようだ。

昨日知り合った短大生は、すぐに直アドを教えてくれた。
春休み中で、バイトに明け暮れていてストレスが溜まっているらしい。

バイト先のコンビニまで迎えに行き、ドライブでもしようかという話になり車を走らせた。
後は想像通りだ。

彼女のプロフィールにはM女と書いてあったので、
人気のない駐車場で軽く手首を縛っただけの緊縛でレイプ気味にセックスしてやると、かなり喜んでいた。
吸い付くような瑞々しい肌に食い込む麻縄が興奮した!

ちなみに、この短大生と出会ったのはこのSM出会いサイト
女子大生の登録も多く、休み中の今がチャンスだ!
ピチピチの若い肌を味わってみて欲しい。


卒業式後の袴女子大生を和服緊縛調教
2010年03月21日(日) 13:09
卒業式シーズンで、街中で袴の女性を見かけることが多くなったと思う。
先日、そんな女子大生を緊縛調教する機会があった。

「卒業の記念に、袴姿で縛っていただける男性を募集中です」

和服美人が緊縛されているSM系出会いサイトで、こんな書き込みを発見。
和服緊縛
の経験は何度かあるが、袴姿となるとめったにやれるものではない。
かなりの応募があったらしいが、私のプロフを信用してくれたようで、卒業式後に会うことになった。

短大まで車で迎えに行くと、嬉しそうな顔で寄ってきた。
「この車、好きなんです♪」とのこと。それで車種を聞かれたのか!と納得。
車好きが幸いした。

山中に車を走らせ、ラブホテルではなく和風の旅館に入る。
畳の上で正座して、緊張した面持ちの女性に愛用の麻縄を見せ付けるように縛っていった。
着物をはだけさせ、袴をまくりあげて露出させながらの緊縛。
大きな鏡に映る自分の姿が、だんだん緊縛奴隷になっていくのを頬を紅潮させて見ていた。

我ながら美しく緊縛できたと満足し、写真を撮ってやった。
今回はSMプレイは無しで緊縛のみ、との約束だったはずなのだが、緊縛奴隷と化したM女は
「どうか、このまま犯してください」と懇願してきた!どうやら初めての緊縛に興奮してしまったらしい。
自分の半分ほどの年齢のピチピチ肌を味わわせてもらった。

この緊縛奴隷のように、袴での緊縛を願っているM女たちはこのサイトにまだまだ居る。
腕に覚えがあるS男性諸氏は、彼女らの性欲を満足させてやってはいかがだろうか。


変態M女を奴隷の穴で鍛え直す
2010年03月20日(土) 23:29
私の命令を遂行できなかったM女を呼び出した。
もう一度、奴隷の穴で鍛え直さなければならない。

最初は緊縛乱交プレイなどはどうだろうか。
出会いサイトでS男性を募集して、複数の男に奉仕させようと思う。

最終的には私が一番だと思い知らせてやろう。


移動中は携帯電話で出会い系サイトチェック
2010年03月17日(水) 19:07
電車に乗っていると、携帯電話をいじっている人が本当に多い。
十年前には想像もできなかった光景だ。
・・・とオッサンのつぶやきをもらしてみる。

私も最近、携帯で出会い系サイトをチェックするようになった。
パソコンで登録したのだが、携帯でも使えるということで挑戦してみたのだが
これがかなり良い!

女性陣は、暇つぶしにメールをくれるのであろう。
かなり返信が早い!
そして、携帯メールのノリのせいか、とてもフレンドリーな内容なのだ。

したがって、会う話もすぐにOKがもらえることが多い。
パソコンでやっていたときより数倍早く出会える。
即メール・即会い・即SMなんてことも体験した。

私がおすすめするのはこのサイト
パソコンでも使えるが、携帯サイトに力を入れていて慣れないオッサンも使いやすいのが良い。

暇を持て余している変態女性の皆さんを、遊んでやってはいかがだろうか?


緊縛下着を着けたまま露出プレイ
2010年03月12日(金) 23:08
緊縛調教の良いところの1つに「上から服を着られる」ということがある。
縄で乳房を縛り上げ、股縄を通し、異様な体にしておいてシャツを着せてスカートを履かせ、出かけるのだ。

ある意味、露出プレイである。赤ロープで縛った場合、上着を脱げばシャツから透けて見えてしまうのだ。
緊縛しただけで興奮して股を濡らしているので、内股をつたって淫汁が垂れてこないかとヒヤヒヤする。

今日も縄下着を着けてやり、一緒に出かけた。
まるで酔っ払ったように上気した赤い顔でフラフラと私の後を付いてくるM女。
そのまま公園の木陰で調教してやった。

縄師の言うことなら何でも大人しく聞く、
そんなSMの従者に成り果てたM女の姿には本当に興奮させられる。


緊縛調教をモノにするまで
2010年03月06日(土) 15:51
よく「緊縛調教に興味はあるが、緊縛の方法がわからない」という相談を受ける。
しかし、正式な縛り方というものは人によって違うと思う。
SとMが快楽を得ることが最大の目的なので、性癖のままに縛れば、それがその人に合った緊縛方法だと言える。

緊縛の目的にもいろいろある。SMプレイの中でM女の動きを制限するため・M女に苦痛を与えるため・女性の体を美しく見せるため・・・
信頼のある間柄では、緊縛奴隷の体にわざと跡を残すため、という目的もある。
また、着衣での緊縛(和服緊縛や制服緊縛など)も興奮する性癖の人も多いだろう。

ただ、注意しなければならないのは長時間の縛りは生命に危険を及ぼすこともある、ということだ。
常に末端部位(指先・つま先)の体温・肌色に注意してプレイを進めなければならない。

また、縛ってはいけない場所、結び目を作ってはいけない場所もある。
首の近くは縛らないようにして、静脈や動脈が浮き上がっている部分、関節付近、手首の内側、上腕、肘、腿、くるぶし、首の前・側には結び目をもってこないように注意しなければならない。

人体に危険のないよう、しかし効率よく緊縛奴隷を拘束し責められる縛り方が
亀甲縛り・高手小手縛り・片手小手縛り・合掌縛り・後頭両手縛り・蟹縛り・M字開脚縛りなど、よく知られている縛り方だ。
これらは緊縛奴隷の体を美しく見せ、責めるS側にとっては征服感に高揚する姿なのである。

私も緊縛調教の様式美に魅せられた一人だが、ここまで来るのに紆余曲折はあった。
たくさんのM女で練習してきたし、逆にM女から教えられたことも多い。
緊縛の世界はとても奥深い。焦ることなく、じっくり練習していくことをおすすめする。
ちなみに、練習台はここに山ほど居る。


本格的緊縛調教のできるSMの恋人
2010年03月04日(木) 14:01
変態M女たちは、緊縛プレイに興味を持っている。
しかし、本格的緊縛調教となると、話は別だ。

手首を軽く縛る程度なら調教初日でも可能だが、
亀甲縛りや高手小手縛り、はたまた吊りなどの本格的緊縛調教は
奴隷も不安を覚えることが多いようで、交渉が必要になってくる。

特に、何も知らない素人を緊縛奴隷に仕上げるのはかなり困難である。
しっかりとした主従関係を築き上げた後に、調教の一環として緊縛を行うことをおすすめする。

正直、アナルセックスや野外プレイ、露出調教なんていう
ノーマルセックスの延長(そう思うのは私だけであろうか?)のような調教は
緊縛調教に比べたらパートナーを探す難易度はかなり低い。

やはり、真性M女であっても人間だから、苦痛を伴うSMプレイよりも新しい快楽を求めるのは当然と言える。
だから、まずはSMに少しでも興味のあるM女の捕獲から始めることが重要だ。

例えば、アナル調教。

アナルセックスとセックスの快楽を教え、私なしでは生きられないくらい気持ち良い思いをさせてやれば、必ず私の命令に従うようになる。
SMプレイにおいての恋人のようなものだ。

新しい世界の快感の入り口に立った変態M女は、ご主人様に対して忠実な服従心を持つ。
相手を満足させたい、褒められたい、という気持ちは、まるで「SMの恋人」とも呼べるような姿なのだ。
そして、S側はその姿に興奮し、愛撫したり快感のための苦痛を与えたりするのだ。

そんなSMの恋人候補がSM専用出会いサイトにはたくさんいる。
あなたも彼女たちを満足させてやってみてはどうだろうか?


フィストファックに気付かないガバマン女
2010年03月01日(月) 16:34
一度イったM女を、私は許しはしない。
体を痙攣させて余韻にひたっている姿に構わず、また電マをクリに押し付けた。

ビクっと体を硬直させ、M字開脚でつま先を立て、また感じ始めたメス豚。
合わせてバイブを突っ込んでやると、腰を仰け反らせながら大声で喘ぎ
「もうダメ、死んじゃう、ヤメテ!」
と叫びながら、またイった。

5〜6回は昇天したのだろうか?女は逝き過ぎたせいかぐったりとして、マンコから大量の汁を流していた。
よく見るとパックリ口をあけて何でも入りそうなイキオイだった。
私は久しぶりにフィストファックをしてやろうと思い、薄手のグローブをはめた。

Read more>>





 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close